2012年11月28日水曜日

「さくら石狩データセンター」に行ってきた!(データセンター見学編) #石狩DCツアー

はてなさんからの提供写真
海鮮丼をたらふく食べたあとの、データセンター見学!

ツアーコンダクターは田中社長、自らです。

冷却装置





変電設備

ここで、北海道電力から受電した電気を400Vへ変換している。
ちょっと暖かかったが、それは変換損失だそうです。


外気吸気場所





外気を入れたあとの、大きなごみを取り除くフィルタ

その奥に除塩フィルタ
除塩フィルタはかなり高いそうです。ただ、思ったより塩分が空気に含まれていなかったそうです。

発電機


中2病を実現?! さくらインターネット石狩DCを、はてなのエンジニアが見学してみた - はてなブックマークニュース 中2病を実現?! さくらインターネット石狩DCを、はてなのエンジニアが見学してみた - はてなブックマークニュース
こちらでも紹介されていた、巨大発電機(バックアップ用です。)



こちらの16気筒が1500KVA?


こちらが12気筒で1000KVA?


でっかいんです!


ディーゼルエンジンなので、寒冷地ということもあり暖機運転のためフタ?が暖かかったです。



部屋の排気ファンも大きくて、たくさん




消火設備

窒素の消化器
確実に消せるそうです。一本ならそんなにしないみたいですけど。
この本数集めると、かなりの値段になるそうですよ。(一千万円くらい?)

2階建ての建物を支える鉄骨



すごく太い!と感じたのですが、説明では10階建てと同じ強度を持っているそうです。
確かに。この上には鉄の塊が載ることを考えると、尋常ではない強度が必要ですね。

いよいよサーバールームへ
ここからは、撮影禁止になりましたので、主催者側の写真にて紹介になります。


入り口です。


ラックきた〜!キタ━(゚∀゚)━!
音もいい〜!

圧巻!



多くのデータセンターは、床下から冷気を引き上げる方式ですが、
さくらインターネットのラックでは、冷気を上から下へ送っているそうです。
当然、冷気の方が重たいですからね。

モジュール式


ここはかなりモジュール式を象徴している気がするので、加工してみました。
左のゾーンでは、壁にファンを付けていません。
右のゾーンでは、壁にファンをつけています。
このように、その時にあった冷却法を採用しているそうです。


それが、このパネルで紹介されていますね。
「天井吹き出し方式」
「壁吹き出し方式」

監視センター



ここで、常にデータセンターの状態を監視しています。
このモニターは部屋の外から見ることが出来るものです。
PUE = 1.12
これ数字ってすごいみたいですよ〜

空調機


ここで、外気を加湿したり調整してラック内へと送っているみたいです。



排気量を遠隔で調整することで、吸気量も調整することが出来るということです。

あまり、設備関連は詳しくないのでもっと詳しい内容は、はてなさんの記事が詳しいです。

参考リンク
中2病を実現?! さくらインターネット石狩DCを、はてなのエンジニアが見学してみた - はてなブックマークニュース 中2病を実現?! さくらインターネット石狩DCを、はてなのエンジニアが見学してみた - はてなブックマークニュース

さくらインターネット 石狩データセンター見学シリーズ!



石狩DCも選べる!さくらインターネットのVPS!

Zenback