2014年1月23日木曜日

VMware vCenter Converterで Windowsを P2Vするときの注意点

www.tpdkdesign.net

「VMware vCenter Converter」でおおハマりした @snicker_jp です~
警告:必要な Sysprep ファイルがみつかりません。 vCenter Converter サーバマシンの「C:\ProgramData\VMware\VMware vCenter Converter Standalone\sysprep\svr2003」の下に Sysprep ファイルをアップロードしてください。詳細については、「ヘルプ」を参照してください。


もくじ



前提条件

この環境で行いました。
  • (PC) Windows 7 (64bit)
  • (Server) Windows Server 2003 R2
  • (Converter) VMware vCenter Converter Standalone 5.0.1-875114

手順


  • 2003のSysprepをダウンロード
  • 解凍して、展開
  • 再度、vCenter Converter 実行


2003のSysprepをダウンロード

VMware KB: Sysprep file locations and versions
上記VMwareサポートサイトを参考にSysprepをダウンロード

解凍して、展開

> WindowsServer2003-KB926028-v2-x86-JPN.exe /x

展開したフォルダ\SP2QFE\deploy.cabから、データを所定の場所にコピーします!(管理者権限必要)
%ALLUSERSPROFILE%\VMware\VMware vCenter Converter Standalone\Sysprep
上記に、「svr2003」という名前のフォルダが存在しているので、ファイルをコピーします。

再度、vCenter Converter 実行


まとめ


  • まさか、こんな作業が必要だったとは!
  • サクッと、Sysprepを導入しちゃってください(PC側に)
  • VMwareも便利や~!


参考サイト

VMware KB: Sysprep file locations and versions

Zenback