2015年6月30日火曜日

「格安スマホ・SIM って何!?」を楽天モバイルさんに聞いてきた! #格安スマホ


「格安スマホ アンバサダー」のなのまるです!

渋谷で行われた、【格安スマホ アンバサダープログラム 楽天モバイルのイベント】に参加しました。

もくじ



「格安スマホ・SIM」って何?

そもそも、「格安スマホ・SIM」とはなんなんでしょう?(資料では「格安スマホ」と明記)
その答えを「楽天モバイル」さんからご説明いただきました〜
格安スマホとは?
大手通信会社(主に、docomo,au)の回線を借りて、「通信サービス」を提供しているサービス会社の「スマートフォンおよびSIM」のこと。


膨大で費用のかかる”通信設備を持たずに” 「通信サービス」を提供するサービス全般を指すということです〜

「格安スマホ・SIM」の特徴

まだ、わからないと思うので・・・よく見られる「格安スマホ・SIM」のサービス特徴についても説明いただきました。

月額料金が安い!

一般的な大手通信会社で算出すると「月額6,500円」かかっていたものが(例えば楽天モバイルだと)「月額2,200円」(電話は楽天電話を使用)

その差、およそ1/3!驚異的ですね!(安さの理由は後ほど)


大手通信会社のネットワークを使える!

一番最初に書きましたが、大手通信会社(今はdocomo,au)の安定したネットワークと通信エリアを利用可能(MVNO会社により異なる場合がある)


今使っている番号がそのまま使える!

「MNP(モバイルナンバーポータビリティ)」の制度を利用可能なので、「今使っている携帯電話番号をそのまま使うことが出来る!


好きな端末で利用できる

例えば(楽天モバイルの場合):
docomoの端末であれば「SIMロック解除せずに」そのまま使うことが出来る!

  • 新たな端末の購入は必要ない
  • SIMロック解除しないで使える

こちらは大手通信会社に好きな端末があれば、解消していることではないでしょうか。
例えばiPhoneとか。Xperiaとか。GALAXYとか。(これらは全ての大手通信業者から出ていますもんね!)

最低利用期間が短い

大手通信事業者に比べて、「最低利用期間が短い
大手が「24ヶ月」に対し格安スマホ業者だと「多くが12ヶ月」(その後、最低利用期間の自動継続もない)

気になる「安さの秘密」

ここまで特徴を聞いてきて、気になるのは「安さの理由」じゃないでしょうか!?
そちらも説明いただきました!

「インターネットのプロバイダ」という言葉が分かる方は話が早いのですが、「格安スマホ業者」はそのプロバイダにあたります。

なので、「インターネットとゲートウェイ」をつなぐ設備や仕組みを1つで提供するだけでいいので、「設備コストが低くて済む」という感じを受けました。(ちがっていたらすみませーん)

また、大手通信業者のような「サービス店舗」を持たないのも特徴です。
「店舗運営コスト」「従業員コスト」を削減することで、安く提供できる!

要は提供業者がコストを削っているから安い!

最終的に「安さの理由」は、大手通信事業者よりコストを掛けない運用にしているから、その分「安く提供できる!」というからくりです。

これで、逆に大手通信業者と「格安スマホ・SIM事業者」の違いがわかったと思います。

まとめて表にすると、こんな感じ。
大手通信事業者格安スマホ・SIM 事業者
設備膨大な設備を持つ大きなコストがかかる設備を持たない
店舗全国に店舗を持つ主に店舗を持たない(持っていても店舗数が少ない)
値段通常大手通信事業者よりは安い
最低利用期間24ヶ月多くは12ヶ月(通話プラン)


まとめ


  • 「格安スマホ・SIM」というよりか、賢くスマートフォンを使う選択肢ということがわかりました!
  • 大手通信事業者「docomo,au,Softbank」以外でも、同等のサービスを使えるMVNOで選択肢が増えるのはいいことだと思います!
  • 「格安スマホ・SIM」のメリット・デメリットを理解の上で、使えるユーザーが「賢いユーザー」なのではないでしょうか!?


【楽天モバイル】

Zenback