2014年9月29日月曜日

「NetAppハンズオンセミナー ~clustered Data ONTAP編~」に参加してきました!感想など #netapp


どーも、なのまるです!

先週は「7-Mode」のセミナーでしたが、今回は「clustered Data ONTAP」のセミナーを受けてきました!

もくじ



「NetAppハンズオンセミナー ~clustered Data ONTAP編~」とは

NetApp販売パートナーの「ネットワールド」さんが行っている、無料のハンズオンセミナーです!

※注
この後べた褒めするかもしれませんが、私はNetworldさんとは全く利害関係ありません!w
導入もNetAppから直で導入しましたw

前回の記事


当日のスケジュール

13:00~14:20座学(HW/プロトコル/OS標準機能概要/SWのご紹介)
14:30~17:30ハンズオントレーニング(System Manager)



セミナー参加レポート

セミナー環境

今回もとっても分厚くて、詳しい手順が記載されたマニュアル

このテキスト!詳しい!やっぱりもらいに行くためだけでも、セミナー参加した方がいいですね!w

座学(HW/プロトコル/OS標準機能概要/SWのご紹介)

座学は「【NetApp(ネットアップ)】について概要」と「clustered Data ONTAP」について。

私は前回聞いているので「7-Mode」との違いについて、聞いていました。


タブ補完
待望のコマンドタブ補完が効くようになった!


機能差
こちらは共通機能

こちらが「clustered Data ONTAP」だけが持つ機能
  • Storage Virtual Machine(SVM)
  • スケールアウト
  • 無停止アップグレード
  • ノンストップオペレーション
この辺りが、非常に特徴的ではないかと!

こちらが機能の違い → 全ての「7-Mode」をサポートしてるわけでは無いということです。

現時点でWindowsでNASとして使う時の違い

前回も説明があったんですが、シェルフモデルの命名規則について。

「DS2246」
DSDiskShelf
22U
2424本
66Gbps SAS

という意味になるそうです。


ハンズオントレーニング(System Manager)

メインである「ハンズオントレーニング
今回もCIFSでしたが、「clustered Data ONTAP」について。

cDOTということで、「SVM作成」「LIF Migration・Transparent Vol Move」が加わっています。
  • ONTAPシミュレーターセットアップ
  • System Managerセットアップ
  • ライセンス適用、アグリゲート作成、ボリューム作成
  • SVM作成・CIFS設定
  • Snapshot作成・リストア
  • アグリゲート拡張・重複排除
  • qtree作成・quota設定/確認
  • LIF Migration・Transparent Vol Move
  • SnapMirror設定/確認

今回はvSphere上に直接「ONTAPシミュレーター」があり、そちらを操作しました!

総ページ数208ページ!非常に濃い前回より多いページ数だったんですが、時間通りに終わりました!


まとめ


  • 「clustered Data ONTAP」は、もう「7-Mode」を仮想化して、クラスタリングで可用性を高めたような製品に感じました。
  • 現時点では「7-Mode」の全ての機能に対応していないそうです!
  • 今後はもう主流になる事が決定している「clustered Data ONTAP」の勉強が出来て、非常にありがたいものでした!


参考リンク

Networldさんから、たくさんの情報が公開されています。参考までに!


↓最新コンテンツ
無停止運用と高い拡張性を実現するNetAppストレージ最新OS、clustered Data ONTAP とは?|NetApp【ネットワールド】

Zenback