2014年7月3日木曜日

6.1の新機能がわかる!「Splunk Live! Tokyo 2014」に行ってきた! #splunk


今年も行ってきました。 「Splunk Live! Tokyo 2014
今回もすごい参加者で、登録で500名の登録があったそうです!

もくじ



Splunk Showcase オープン

最初に展示会場にて、軽食が提供されました。

その他、展示も見ることが出来ました!


セッション

中の様子
今回は、ほぼ最前列に座ったので中の様子はわからないですが、後で聞いたところ「ほぼ満席」だったそうです!

キーノート : Listen to your data "あらゆるマシンデータを価値あるものに"

今回は会社を休んで行ったので、最初から聞きました。
「Splunk」の製品概要企業展開についてです。


Robert Lau氏
  • Splunkはバージョンアップごとに、進化を遂げ「ToolからPlatform」へ
  • ITのデータから、セキュリティ、今やマシーンデータまでを扱うようになった
  • Splunkのみでやってきたが、今は「Hunk」「Splunk>Cloud」をリリース
この辺りが気になったワードでした。

あらゆるデータを取り込み、Index、分析できる「Platform」 であるSplnuk

成り立ちは、データーセンターのあらゆる情報を取り込み

データセンターの「Google」 となった

そして、9年が経ちバージョンは「6」
「Hunk」と「Splunk Cloud」を発表

「Splunk社」の概要、製品や実績など

ここまでは、英語のセッション(日本語同時通訳)


中村 賢生氏
  • ドミノ・ピザをはじめ多くの企業がビジネスの分析・拡大にSplunkを選択
  • Appsでより簡単により早く、分析環境を構築可能
  • Appsの多くが「アプリケーション、インフラ管理」、次いで「セキュリテイ」
ドミノ・ピザは「スーパーボール」でピザの注文を一番多く取ることが目標!
それを達成するための、データ分析基盤に、「Splunk」を採用した

「Splunk Apps」は成功への近道
最初のうちはどうしても、検索コマンドに慣れないのしデータもよくわからないのでこの「Apps」はとっても初期導入に助かります!

全550の内300以上が「アプリケーション、インフラ管理」

次いで、「セキュリティ」関連


Splunk 最新製品動向とデモンストレーション

Splunk 日向寺 氏
「Splunk 6.1」の新たに便利になった機能
  • 検索コマンドがわからなくても、ある程度検索式を作ることができるようになった
  • ダッシュボードの編集がより簡単に作成できるようになった

「Splunk 6.1」の新機能

「Hunk 6.1」の新機能

ダッシュボードが画面から簡単に編集可能になった!
以前はXMLを編集しながら、作りこむ必要があった・・・

「地図(マップ)」についても、外部の物(OpenStreetMapなど)も利用可能

検索コマンドにがわからなくても、ある程度検索式を作ることができる!

ダッシュボードに出ているグラフを、埋込する機能もできた!
iframeのコードが生成される

例えば、ブログに貼り付けたところ

と、「Splunk 6.1」になって、より使いやすさが増して欲しいデータを欲しい形で得ることができる!


まとめ


  • Splunk Live!回を重ねるごとに参加者も増え、ものすごい盛り上がりでした!
  • Splunk の利用範囲はとっても広く、一分野に絞ると競合があるが、他分野を網羅するとなると他に競合がない!
  • Splunkさん自体もよく分析をされていて、昨年のLive!参加者の声から「同時通訳」を採用されたそうです!

長くなってしまったので、残りのセッションは別記事にします。

【後編】

Splunkはこちらから

Splunkは無料で試すことも、1日500MBまでならずーっと無料で使うことも出来ます!
気になった方は、こちらからどうぞ!
Splunk 評価版ダウンロード - ITシステムのためのデータ分析プラットフォーム

Zenback